依藤幸夢店

依藤

杜の軌跡27

5月27日仙台市にて杜の奇跡27が行われました。
併催が『提督とズル休み4』と『東方杜郷想6』です。
初参加のイベントだったのですが、なかなか楽しめました。
目的のサークルとかなにも事前情報無しで行ったんですが、
カタログ購入して開場待機列に並んでる時、
ジャンル傾向配置等を確認したら東方Projectや艦これ、アイマス等々あるじゃないですか
「お、これは楽しめる!」って思ったんですけど、
そもそも杜の奇跡の参加理由が下の余談にあるとおり、創作サークルを見に行ったんです。
どれぐらいの厚さ大きさで皆さん頒布してるのかな?という調査も兼ねてイベントの空気に触れてみたかった
スペース回って、色々立ち読みさせてもらいました。
無配本があると手に取りやすいなっていう感覚でした。僕が単にセコいだけなのかも知れませんが。
無配本は見つけ次第頂いて回りました。余白だったり色々と参考にしたり、インプットに利用させていただきます!
東方の島にてIOSYSさんが居たりしましてちょっと感動しました。
「やべえ、IOSYS居る・・・!」ってなったりしました。
今回頒布されていたもので購入したものは8割、9割ぐらい東方グッズでしたね…。
(依藤さん、貴方創作サークル見に行ったのよ)

  1. 東方紅魔月譚/まぐなむお〜ぱす
  2. 東方ハイスピード3/ガネメ
  3. 抜け出せぬキャプティビティー/ガネメ
  4. 東方ハイスピードDX/ガネメ
  5. 霊夢ぬいぐるみ/Nogunaga-Style
  6. 幻想ユーティリタリア/寝落ちまでが1日
  7. 十六夜咲夜キーホルダー/秦彩音+

色々と買わさせていただきました。
ガネメさんのグッズが多いのは、ハイスピード系との事で作業BGMにする気での購入でした。

(この中で6番目の幻想ユーティリタリアのポスターを終了直前に頂きましたね)

創作サークル側では

  1. Alicetale2/Alicematic

表紙買いになっていしまいましたが、可愛い!

創作サークル、東方サークル問わずで無配本あるとこのは、頂戴して周り、
なおかつ、寝落ちまでが1日さんの所で、ポスター差し上げますとありましたので
図々しいかなと思いつつ、頂いてしまいました。

運営本部並びにRed-Trainさんの製本サンプルを手に取れるスペースがありまして色々と触らせていただきました。
希望としてはワンブックスノベルか、スカーレットノベルの用紙での製本なんですが、
200ページでも背が2cmちょっとしか無い印象だったので、現状相当薄っぺらくて、読みづらいなって感じになりそうです。
キンマリ系だとなぁっていうのもありますし、もうちょっと執筆してから改めて考えます。

余談ですが

開場した瞬間の中から拍手が伝播してく状況とか好きです

イベント参加が決まるまでが凄いダイジェスト感満載でした
夜中に何時も居るSNS(Ichiji.Social)で遊んでて


僕「イベント行ってみたいな」  
「行けばいいじゃん、依藤さんの地元で確か、杜の奇跡ってのあったよね。」  
僕「ちょっとググってきます」  
「開催日そろそろじゃないかな」  
僕「明日です。正確には後5時間後位には開催です。」  
「oh…」  
僕「なので今から寝て起きれたら行きます」  


僕「起きてしまった」(目覚ましも何もかけてない)  
「お、行ってきな」  
僕「行ってきまーす!」  
  
僕「クッソ楽しかった」  
「おかえり」  
僕「じゃんけんの勝てなささは異常」  
「だいたいそんなもん」  

そんなこんなで初イベント参加は無事楽しい思い出になりました。